サービス | フォーカスシステムズ サイバーフォレンジックセンター

メールでのお問い合わせ
お問い合わせはこちら
東京証券取引所 プライバシーマーク ISMS JUSE
ホーム > サービス > PC調査(フォレンジック調査)

PC調査(フォレンジック調査)

IT技術の普及により、機密情報漏洩やサイバー犯罪といった企業が抱える多くの問題に、デジタルデータが関わるようになりました。
問題が起こった際、デジタルデータの調査、解析を行うには、専門的な調査技術であるフォレンジックが必要となります。
弊社では、お客様に問題解決のため、フォレンジック技術を駆使した調査サービスをご提供しております。

主な機能

●フォレンジック調査サービス -Investigation Service-

・弊社の「フォレンジック調査サービス」をご利用頂くことによって、お客様でフォレンジックの専門機材や人員を用意しなくとも、証拠保全、調査解析が可能です。

・情報漏洩調査、PC利用状況調査、ウイルス感染調査等さまざまな用途にご活用できます。

・基本的に3日間の調査解析を実施致します。

・デスクトップ、ノートPCのHDDはもちろん、USBメモリや外付けHDDドライブの調査が可能です。

・フォレンジック専門調査員が対応させて頂きます。

・訴訟に発展した場合でも、証拠として十分対応可能なChain of Custody(CoC)を証明できる手順を守って調査致します。

※本サービスは、法人のお客様専用となります。
大変申し訳ありませんが、個人のお客様からのご依頼はお受けできません。

適応事例

・コンピュータの不正利用調査
・Winny、Share等、P2P経由経由による情報流出調査
・レジストリやタイムライン調査による行動履歴の追跡
・緊急時のファイルパスワード解読、ログオンパスワード解析
・デューデリジェンスの過程での財務報告調査

サービスの流れ

1.調査依頼
何らかのインシデントが発生致しましたら、まず弊社までご相談下さい。

2.お打合せ
証拠データの保全作業(証拠データ複製作業)を行います。
・保全作業は、お客様が弊社へ媒体をご送付頂くか、専門調査員がお伺いして行います。
・証拠データを含む媒体を削除領域等含めて完全に複製します。
・複製作業が正常に行われたことを検証(ハッシュ値検証)いたします。

3.証拠保全
調査を開始する前にお客様と調査内容の打ち合わせを行い、調査の方針、項目を決定します。
・状況のヒアリング、実際の調査を行う上での項目等をお打合せさせて頂きます。
・弊社とお客様との間でNDA(機密保持契約)を締結させて頂きます。

4.調査解析
お打合せ内容に従い、問題解決のための情報の調査、解析を行います。
・基本的に3日間の調査を行います。
・複製したデータに対して専用機器、専用ソフトウェアを使用して、調査、解析を行います。

-調査例-
・現存するファイル及び削除ファイル(断片化されたファイル含む)の検出
・ファイルのメタデータ(更新・削除年月日等)解析
・電子メール、インターネットメール(添付ファイル含む)の解析
・インストールされたソフトウェアを検出・解析(不正ソフトウェアのインストール、利用状況)
・パスワードロックのかかったファイルの解析
・外部接続媒体(USBメモリ、外付けHDDドライブ等)の接続履歴、持ち出されたファイルの解析 ・キーワード検索

5.結果報告
調査結果をレポートとしてまとめ、その内容を報告させて頂きます。
・報告会を開催し、調査結果のご説明や質疑応答を行います。
・証拠データを含む媒体を削除領域等含めて完全に複製します。
・複製された証拠データの削除または、返却をいたします。
・ご要望に合わせて、追加調査を行います。

製品及びサービスに関するご質問、お問合せはこちら
関連製品
サイバーセキュリティ緊急連絡受付サービス
「おかしいな?」と思ってから解消までのロードマ ...
詳細
インターネットコミュニケーションインシデント解析サービス
TwitterやFacebook等のSNSサービスが、個人だけで ...
詳細
マルウェア感染インシデント解析サービス
マルウェアに感染した際、どのようなインシデント ...
詳細