サービス | フォーカスシステムズ サイバーフォレンジックセンター

メールでのお問い合わせ
お問い合わせはこちら
東京証券取引所 プライバシーマーク ISMS JUSE
ホーム > サービス > eDiscovery サービス

eDiscovery サービス

"Discovery"とは、公判の前に当事者同士双方で、公判に関連のある情報を保全・開示する手続きを指します。そのうちの電子保存情報を対象とする部分が"eDiscovery"です。アメリカの訴訟において必要な作業ですが、アメリカでビジネス展開している日本企業も一度訴訟の対象になると、電子データの開示が必要不可欠になります。訴訟に不利な状況を避けるために、また不必要な情報の開示を避けるために、膨大な情報の中から迅速かつ適切に必要な情報だけを整理する必要があります。

当社は、eDiscoveryに必要なデータの保全やデータカリング(Data Culling/不要なデータの除去)から、インハウスでeDiscoveryを実施するためのツールやサービスをご提供しております。

訴訟に必要な電子データを過不足無く適切に分類・仕分け
膨大な電子データから必要なものだけを迅速に選択
訴訟に必要のない電子データの的確な除外

EDRM(電子情報開示参考モデル)について

EDRMとは The Electronic Discovery Reference Model(電子情報開示参考モデル)の略称です。eDiscoveryを行う上での手順(フロー)として、電子データの要求に際し適切に開示する際の世界標準の作業指標として採用されています。

 

          処理
Processing
       
保全
Preservation
 
情報管理
Information Governance
対象識別
Identification
 
レビュー
Review
作成
Production
提出
Presentation
      収集
Collection
 
       
分析
Analysis
   

 

参照:https://www.edrm.net/

 

情報管理(Information Management)
通常業務の一環として実施している、ストレージに保管されているデータの分類や格納等の、電子データ管理全般を示します。
電子データの保管や管理、廃棄などのライフサイクルや監査の有無は、実際にeDiscoveryに対応する際の作業工程や結果に、大きく影響する場合があります。
 
対象識別(Identification)
訴訟の事案が発生した場合、その訴訟と関連する可能性がある(または保全・収集の対象となりうる)全ての電子データの場所を特定・識別します。
 
保全(Preservation)
電子データの破損や破棄、不適切な改変が生じないように保護・保全します。
訴訟事案が発生した時点で(もしくは発生が予測される時点で)、関連するデータに対する変更・破棄等は一切停止しなければなりません(Litigation Hold(リティゲーションホールド))。
 
収集(Collection)
処理(Processing)、閲覧(Preview)、分析(Analyze)の作業を経て情報開示作業を行うために、対象となる電子データを過不足無く収集します。ストレージから必要な電子データを収集することの他、必要に応じて紙のドキュメントをスキャンし、データ及びテキスト化します。
 
処理(Processing)
収集した電子データから、訴訟に不必要なデータ、重複したデータ等を除外し、絞り込みを行います。必要に応じ、レビューや分析するためのフォーマットへ変換・加工します。
 
レビュー(Review)
保全・収集作業、処理を経た電子データをレビューします。主に法務担当や弁護士等が行う行程です。データの関連性や気密性に基づき、開示対象データ・開示不要データの区分けを行います。
 
分析(Analyze)
レビューの行程で、対象の電子データの内容を分析・評価する行程です。開示対象データからさらに訴訟における関連人物・事案等を検討し、開示すべきかを分析します。
 
作成(Production)
最終的に絞り込まれた開示対象のデータに対し、適切なフォーマットへ変化し、指定のフォーマットによるレポートを作成します。開示対象のデータには、採番(Bates Numbering(ベイツナンバー))していきます。
 
提出(Presentation)
公判において作成したレポートを提出します。

サービスの対象範囲

証拠保全・データ収集サービス
様々なデータストレージから一部もしくは全部のデータを保全・収集するサービスです。可能な限り保全・収集時の状態を保持し、作業工程やCoC(Chain of Custody)を記録して作業します。

詳細はこちら

 
絞り込み・検索サービス
証拠保全・収集したデータに対し、以下を始めとする様々な手法で絞り込み・検索を実施します。訴訟に必要な電子データを、過不足のない状態で絞り込み、提出します。
 ■ データカリング(Data Culling/不要なデータの除去)
 ■ キーワード検索(Keyword Search)
 
Nuix
シンプルな操作性と高速自動データ処理機能を持つNuixは、インハウス(自社内)でeDiscoveryの一連の作業を行うツールとして世界的に活用されています。お客様の組織のニーズに合わせたソフトウェア・ライセンス形態でご提供します。

詳細はこちら

製品及びサービスに関するご質問、お問合せはこちら
関連製品
データの同一性・状態証明サービス
当社が培ってきたフォレンジック調査技術を活用し ...
詳細
証拠保全・データ収集サービス
フォレンジック調査やeDiscovery等において重要と ...
詳細