サービス | フォーカスシステムズ サイバーフォレンジックセンター

メールでのお問い合わせ
お問い合わせはこちら
東京証券取引所 プライバシーマーク ISMS JUSE
ホーム > サービス > サイバーセキュリティ緊急連絡受付サービス

サイバーセキュリティ緊急連絡受付サービス

「おかしいな?」と思ってから解消までのロードマップ

受付・初動対応
まずはお電話やメールにてご相談ください。コンサルタントが状況をお伺い致します。「いつ、どこで(サーバ、PC、スマホ等)、何が(感染、情報漏えい等)」をお尋ねします。緊急度が高い場合は、被害を軽減するための初動対応についてお電話でご支援します。
駆け付け対応
調査スタッフが現場に駆け付け、インシデントの詳細をヒアリング致します。秘密保持契約を速やかに締結し、対応計画・概算費用のお見積もりを致します。必要な場合は駆け付け時に証拠収集・保全対応も致します。
調査・分析
収集したデータに対し、弊社「サイバーフォレンジックラボ」にて、インシデントの詳細調査を致します。調査には熟練の調査スタッフが攻撃の進行状況、被害内容、復旧計画や対外説明に必要な情報を解析し、明らかにしていきます。
報告・復旧
報告会を実施します。報告会では報告書、証拠データを提出し、調査の詳細を分かりやすくご報告致します。調査結果を元に、インシデントの収束から再発防止をするための対策までも含めた復旧計画で統合的にサポート致します。

サイバーインシデントが発生したとなれば、事業に影響が出ることは避けられません。
しかし、迅速な事後対応で被害は最小限に留めることが叶います。
当社のサイバー攻撃復旧支援サービスは、豊富な経験を持つセキュリティコンサルタントとセキュリティエンジニアがお客様のセキュリティ事故対応を支援致します。
インシデントの現状把握・対応計画策定から、被害範囲の調査、被害復旧作業・事後の監視体制構築まで、事業継続に必要なインシデントレスポンスをワンストップでご提供します。

こんな事態に対応します

被害分類

よく見られる兆候・発見のきっかけ

Webサイト改ざん

・見覚えがないコンテンツの発見

・改ざん検知ソフトのアラート

Webアプリケーションへの攻撃

・不審なデータベースアクセス(SQLインジェクションの兆候)

・不審なWebアクセスログ

不正送金被害

・身に覚えがない送金記録の発見

・バンキングマルウェア(不正送金マルウェア)の検出

不正通信・不正アクセス

・外部組織からの通報

・ブラックリスト登録されたIP・ドメインとの通信ログ

・各種サーバー・アプリケーションへの身に覚えがないログオン記録

マルウェア感染

・アンチウイルスソフトのアラート

・不審なファイルの実行

標的型攻撃

・RAT(遠隔操作マルウェア)の検出

・危険なC&Cサーバー(指令サーバー)との通信の発見

・ハッキングツール(パスワード取得ツール、ポートスキャンツール)の発見

 当社調査・対応事例
【調査事例】
  • 未知のマルウェアの特定・動作解析
  • 標的型攻撃による侵入範囲・被害状況の調査
  • データベースへの不正なアクセスにより漏えいした情報の特定
  • プロキシログ解析による不審な通信の発見・通信元PCの特定
【短期的対策の一例】
  • 窃取されたアカウントの停止・パスワードリセット
  • 端末・ネットワーク機器のセキュリティ設定のチューニングによる攻撃の遮断
  • 高度なエンタープライズスキャンツールによる、未検出の感染端末の洗い出し
  • マルウェア感染端末のクリーンアップ
【中長期的対策の一例】
  • 各種セキュリティ機器の導入(FW・サンドボックス・IDS/IPS・WAF等)
  • PC、サーバー、各種セキュリティ機器の運用・監視
  • 脆弱性診断によるWebアプリケーションセキュリティの確保


「何かがおかしい」と感じたときには、まずはご相談下さい。

被害の拡大を防ぐために、早期の対応が何より重要です。

製品及びサービスに関するご質問、お問合せはこちら
関連製品
インターネットコミュニケーションインシデント解析サービス
TwitterやFacebook等のSNSサービスが、個人だけで ...
詳細
マルウェア感染インシデント解析サービス
マルウェアに感染した際、どのようなインシデント ...
詳細
PC調査(フォレンジック調査)
IT技術の普及により、機密情報漏洩やサイバー犯罪 ...
詳細