サポート情報 | フォーカスシステムズ サイバーフォレンジックセンター

メールでのお問い合わせ
お問い合わせはこちら
東京証券取引所 プライバシーマーク ISMS JUSE

サポート情報

ホーム > サポート情報一覧 > 2016.05.17 Logicube Falconソフトウェアアップデート

2016.05.17 Logicube Falconソフトウェアアップデート

LogicubeよりForensic Falcon用ソフトウェアのバージョン3がリリースされました。

リリース日時: 2016/05/09

=== ソフトウェアアップデート ===
関連する製品: Falcon
ソフトウェアバージョン: v3.0

バージョン3.0の主な更新内容は以下の通りです。

  • 1. デュアルハッシュ ― イメージファイルに対しSHA1+MD5の同時計算が実行可能になりました。
  • 2. イメージリストア ― DD, E01, Ex01イメージを別のドライブに復元できるようになりました。
  • 3. 通知音 ― タスク終了時及び、エラー発生時に音でお知らせすることができるようになりました。
  • 4. ブランクチェック ― コピー先ドライブが適切に削除されているか検証できるようになりました。
  • 5. プッシュ機能の改善 ― コピー元、コピー先いずれのドライブからもプッシュが可能になりました。
  • 6. ケースの検証 ― イメージファイルのハッシュ値を検証することができるようになりました。
  • 7. 擬似書込 ― 書込防止装置としてご使用頂く際、「擬似書込」を行うことが可能になりました。
  • 8. その他、VeraCryptのサポート、SASドライブの認識改善やセキュリティ機能の強化、バグの修正が含まれます。

今回のアップデートではFalconの日本でのリリース以来、お客様から頂いた多くの要望を反映しています。実際にFalconをご使用頂いている日本のユーザー様の声に真摯に耳を傾けることで、格段に便利になっておりますので、Falconをご購入された全てのお客様に、本アップデートの適用を推奨致します。

また、本バージョンより、FalconでPCIeのサポートが追加されました。
M.2, mini-PCIe, PCIe cardsなどのSSDから、直接データを取得する際にご活用頂けます。

※ アップデートにより、一部日本語が適切に表示されない箇所がございます。
次回のマイナーバージョンアップで修正されますので、日本語での使用をお考えのお客様は次回のアップデートをお待ちください。
こちらの手順を参考にご自身で言語設定ファイルをアップデートして頂くことも可能です。


アップデートはネットワーク経由もしくはUSBドライブから行って頂けます。
詳しいアップデート方法については、製品付属マニュアルの 『Falconソフトウェアのアップデート』 をご参照ください。