サポート情報 | フォーカスシステムズ サイバーフォレンジックセンター

お問い合わせはこちら
東京証券取引所 プライバシーマーク ISMS JUSE

サポート情報

ホーム > サポート情報一覧 > 2015.06.08 EnCase Endpoint Securityセミナー開催

2015.06.08 EnCase Endpoint Securityセミナー開催

※定員に達したため、受付を締め切りました(2015/6/12)

~Beyond The Gateway~
エンドポイント可視化による次世代のサイバーセキュリティ対策

2013 年度より国内で活動を続けてまいりましたEnCase Cybersecurity ソリューションは、近年Endpoint Detection and Response の分野を確立いたしました。これまで長く、デジタルフォレンジックテクノロジに基づくエンタープライズレベルでのインシデント・レスポンスを推進して参りましたが、この度、検知を強化した新規プラットフォームの紹介を含め、多くの御要望を頂き、国外の同様に国内でもサイバーセキュリティについてセミナーを独自に開催する運びとなりました。

今回、国内でインシデント対応シーンをリードするサイバーディフェンス社の御協力を頂き、また海外でのインシデント対応でこれまでGuidance Software のサービス提供をリードしてきた、Nick Pollard を日本に招き、近年の実際の事例及びどのような対策が行われてきたのかについて説明します。

 

開催概要

開催日時:2015 年6 月23 日 (火) 13:30-17:00 (受付開始 13:00)
会場:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1 丁目9 番8 号 朝日生命宮益坂ビル4 階C[地図(google map)]
主催:ガイダンスソフトウェア株式会社
参加費:無料(事前登録が必要)
定員:50名様

 

セッションタイムスケジュール

13:30-13:45 開会の御挨拶
13:45-14:30

サイバー攻撃の原因・被害状況を特定するフォレンジック調査

 株式会社サイバーディフェンス研究所 山崎輝

近年のサイバー攻撃の事例を踏まえて、原因・被害状況を特定するためのフォレンジック技術の活用方法を紹介します。特に、攻撃者による活動痕跡を可視化するためのデータ復元手法に着目し、フォレンジックツールの標準機能だけでは発見できない痕跡を復元するためにどのようなアプローチが必要かを解説します。

14:30-14:45 休憩
14:45-15:30

Don’t be a Zombie – Stop being zombie field.

 Guidance Software, Inc – UK International Nick Pollard

ボット・ネットやハッカーによるゾンビフィールドの展開へどのように対処すべきか実際のプロフェッショナル・サービスで対応した海外の事例とともに説明します。

15:45-16:30

EnCase Endpoint Security – 端末情報の可視化ツール製品リリース

 Guidance Software Japan, K.K.

2013 年から国内で展開してきたEnCase Cybersecurity の新版EnCase Endpoint Security のリリースにともなう説明及び、新発表の「Cisco ThreatGrid+EnCase Cybersecurity 連携」による最新マルウェア対策の御紹介。製品紹介及びデモンストレーション。
※御紹介する内容は随時変更される場合があります。

16:30-17:00 終了の御挨拶
17:00-17:30 懇親会

 

 

お申込み

申込用紙をダウンロードして、ご記入の上フォーカスシステムズ( forensic@focus-s.com )までご返送ください。

※定員に達したため、受付を締め切りました(2015/6/12)

申込用紙ダウンロード