サポート情報 | フォーカスシステムズ サイバーフォレンジックセンター

お問い合わせはこちら
東京証券取引所 プライバシーマーク ISMS JUSE

サポート情報

ホーム > サポート情報一覧 > 2017.1.31 Magnet Forensics社製ソフトウェアアップデート

2017.1.31 Magnet Forensics社製ソフトウェアアップデート

Magnet Forensicsより以下ソフトウェアに関して最新バージョンがリリースされました。

MAGNET AXIOM               : 1.0.9.3568

Internet Evidence Finder : 6.8.6.4487

 

リリース日時: 2017/1/18

 

=== ソフトウェアアップデート ===


関連する製品: MAGNET AXIOM、Internet Evidence Finder

最新バージョンの主な更新内容は以下の通りです。

 

▼MAGNET AXIOM、Internet Evidence Finder共通アップデート(アーティファクト対応)

 

1. iOSのMusical.ly(4.15.2~5.1.2)の解析に対応し、メッセージ、ユーザ情報、投稿に関する情報が解析可能になりました。
2. iOSのFacebook Messengerバージョン93に対応しました。

3. AndroidのTelegramバージョン3.10.1に対応しました。
4. OS X(10.10)のiMessage、メッセージコンテンツの解析に対応しました。

 

その他、様々なアーティファクトの解析に対応しました。

 

▼MAGNET AXIOMアップデート

 

 ▼AXIOM Process

1. イメージファイルを読み込む際、処理するファイルとフォルダのサブセットを選択できるようになりました。
2. アーティファクトを検索することなく、ファイルシステムのキーワード検索を実行できるようになりました。

3. E01イメージファイルに対するハッシュ検証の改善されたロギングをサポートするようになりました。
4. ユーザーインターフェースとユーザーガイドに関してトルコ語が利用できるようになりました。

 

AXIOM Examine

1. 様々な種類のアーティファクトに関する詳細を1つのレポートにエクスポートする機能をサポートしました。
2. ファイルシステムエクスプローラでデータベーステーブルを表示した際、情報をスクロールするとカラムが表示されるようになりました。

3. チャットメッセージまたはチャットスレッドを含むエビデンスをエクスポートすると、そのメッセージまたはスレッドへのクリック可能なリンクまたはパスがレポートに表示されるようになりました。
4. サムネイルビューでピクチャの参照番号が詳細ペインの上に表示されるようになりました。

5. イメージファイルの処理中にすべてのアーティファクトをスキップすると、AXIOM Examineがファイルシステムエクスプローラで開くようになりました。
6. 複数のアーティファクトを表示をした場合でもカラムによるソートができるようになりました。
7. アーティファクト結果をMicrosoft Excelにエクスポートする機能を追加しました。

 

その他、様々な解析に対応しました。

 

▼バグフィックス

 

 ▼AXIOM Examine

1. ケース作成がまだ完了していないときにチャットスレッドを作成しようとすると、多数のログファイルが生成された問題の改善。
2. 様々な状況で、アーティファクト結果をポータブルケースに読み込むのが遅かった問題の改善。

3. カラムを非表示にしてアーティファクトをエクスポートした際、非表示のカラムが間違って表示される問題の改善。
4. 様々な状況で、アーティファクト件数が多数の場合にキーワードによるフィルタリングを行うと、AXIOM Examineがクラッシュする問題の改善。

 

その他、様々なバグフィックスを行いました。

 

その他の更新内容につきましては、カスタマーポータル(URLは下記参照)ログイン後、各ソフトウェアの「Release Notes」よりご確認ください。

 

カスタマーポータルURL
https://support.magnetforensics.com/CommunitiesLogin

 

Magnet AXIOM、 Internet Evidence Finderをご購入されたSMS期間内のお客様につきましては、本アップデートの適用を推奨致します。
アップデートはMagnet Forensicsのカスタマーポータルもしくはソフトウェア上から行って頂けます。