サポート情報 | フォーカスシステムズ サイバーフォレンジックセンター

お問い合わせはこちら
東京証券取引所 プライバシーマーク ISMS JUSE

サポート情報

ホーム > サポート情報一覧 > 2017.06.27MagnetForensics社製ソフトウェアアップデート

2017.06.27MagnetForensics社製ソフトウェアアップデート

Magnet ForensicsよりMAGNET AXIOMのバージョン1.1.2.5351、Internet Evidence Finder(IEF)のバージョン6.9.1.6423がリリースされました。

 

ソフトウェア・アップデート情報
関連する製品 MAGNET AXIOM
リリース日時 2017/6/22
ソフトウェアバージョン 1.1.2.5351

 

ソフトウェア・アップデート情報
関連する製品 IEF
リリース日時 2017/6/22
ソフトウェアバージョン 6.9.1.6423


MAGNET AXIOMバージョン1.1.2.5351、IEFバージョン6.9.1.6423の主な更新内容は以下の通りです。

 

1. MAGNET AXIOM、IEF共通アップデート(アーティファクト対応)
a. EMLファイル及びMBOXメールの添付ファイルの解析に対応しました。
b. 「Installed Applications」及び「Installed Microsoft Applications」アーティファクトにより、Windowsにインストールされているすべてのアプリケーションの一覧を確認することができるようになりました。
c.

Shim Cache:Shim Cacheを使用したWindowsで実行されたアプリケーションについての情報を閲覧することができるようになりました。

d.

Safari History:iOS10.3のカービングされた閲覧履歴のヒット数、ヒット率が向上しました。これはWindows及びOS Xにも適用されます。

e.

AndroidのKakaoTalk(Ver6.2.4)からのデータの解析に対応しました。

 f. Windows 8 Mail:EML Filesアーティファクトに表示されるのではなく、独立したアーティファクトに表示されるようになりました。
g.  WindowsのSkype(Ver5.10)の送信メッセージのカービングに対応しました。
h.  Yahoo! Non-Encrypted Chatアーティファクトにて誤ったヒット数の減少の改善を行いました。
i. Cloudカテゴリ名がCloud Storageに変更されました。

 

2. AXIOM Processアップデート(MAGNET AXIOM)
a.

BitLockerで暗号化されたエビデンスに対し、回復キーで解除を行い解析することができるようになりました。

b.

Unicodeでエンコードされたエビデンスに対し、大文字小文字の区別をしないキーワード検索をサポートしました。

c.

キーワード検索のパフォーマンスが向上しました。

d. 680以上のSamsungのデバイスに対し、パスワードをバイパスして物理イメージの取得ができるようになりました。
e.

MTPをサポートするメディア・モバイルデバイスからエビデンスを取得できるようになりました。

f.

Androidアプリのダウングレードに対応しました。アプリがデータをバックアップしていない場合、以前のバージョンを一時的にインストールし、エビデンス取得後に元のアプリをインストールすることができます。

g.

他のフォレンジックツールからのProject VIC .jsonファイルに基づいてメディアの分類ができるようになりました。

h.

Project VIC .jsonファイルを取得するためにHubstream Intelligenceを使用した場合、メディアの分類をより適切に行います。

 

3. AXIOM Examineアップデート(MAGNET AXIOM)
a.

ポータブルケースの作成速度が向上し、ファイルサイズが小さくなりました。

b.

サードパーティのツールを使用したProject VICによりメディアの分類を行った場合、初期処理後に.jsonファイルをインポートしてケース内のメディアを分類することができるようになりました。メディアを再分類する場合には「Process」メニューの「Project VIC/CAIDファイル」を選択します。

 

4. バグフィックス
a.

World MapビューでTwitterのツイート位置が正しく表示されない問題の改善(MAGNET AXIOM、IEF)。

b.

iOSのInstagram Mediaアーティファクトは、作成日時及び最終更新日時の正しい時刻を表示するようになりました。(MAGNET AXIOM、IEF)。

c.

Windows Network Profiles:最終接続日時が正しく表示されない問題の改善(MAGNET AXIOM、IEF)。

d.

Jump List:Potential App Nameフラグメントが常に含まれるとは限らなかった問題の改善(MAGNET AXIOM、IEF)。

e.

Bingによる検索クエリは「Parsed Search Queries」アーティファクトでユーザクエリとして表示されなくなりました(MAGNET AXIOM、IEF)。

f.

Find More Artifactオプションを使用している間に、検出されたカスタムアーティファクトを保存するとクラッシュする問題の改善(MAGNET AXIOM)。

g.

.7zファイルの検索に非常に時間がかかる問題の改善(MAGNET AXIOM)。

 h.

Files and Folderでマウントされたドライブの検索中に、ルートフォルダが特殊文字で始まっている場合に失敗する問題の改善(MAGNET AXIOM)。

 

その他、様々なアップデートやバグフィックスを行いました。



その他の情報につきましては、各ソフトウェアの「Release Notes」よりご確認ください。

<リリース先URL>

https://support.magnetforensics.com/CommunitiesLogin