サポート情報 | フォーカスシステムズ サイバーフォレンジックセンター

お問い合わせはこちら
東京証券取引所 プライバシーマーク ISMS JUSE

サポート情報

ホーム > サポート情報一覧 > 2017.07.24MagnetForensics社製ソフトウェアアップデート

2017.07.24MagnetForensics社製ソフトウェアアップデート

Magnet ForensicsよりMAGNET AXIOMのバージョン1.1.3.5726、Internet Evidence Finder(IEF)のバージョン6.9.2.6789がリリースされました。

 

ソフトウェア・アップデート情報
関連する製品 MAGNET AXIOM
リリース日時 2017/7/21
ソフトウェアバージョン 1.1.3.5726

 

ソフトウェア・アップデート情報
関連する製品 IEF
リリース日時 2017/7/21
ソフトウェアバージョン 6.9.2.6789


MAGNET AXIOMバージョン1.1.3.5726、IEFバージョン6.9.2.6789の主な更新内容は以下の通りです。

 

1. MAGNET AXIOM、IEF共通アップデート(アーティファクト対応)
a.

Skype Media Cache:WindowsのSkype(Ver7.33)に関して、以下3点のアップデート

・メッセージ、送信者が正しく表示

・メディアのオリジナルのファイル名を復元

・メディアのマルチソーシングに対応

b. アンドロイドのWhatsApp (versions 2.16と2.17) のメッセージのカービングに対応
c.

Carved iThmb files:以前まではエクスポートの際、ビットマップに変換されていましたが、ビットマップに変換されなくなりました。

d.

Android Messages:Android Messages (version 2.2)のRCSメッセージと添付ファイルの解析に対応(会話ビューでメッセージ表示可能)

e.

WhatsApp:iOSのWhatsApp (versions 2.17) のメッセージとグループのカービングに対応

 f.

Kik:AndroidとiOS (versions 11.20 on Android and 11.19 on

iOS)のメッセージのカービング機能が向上

 

2. AXIOM Processアップデート(MAGNET AXIOM)
a.

暗号化されたiTunes backupsのイメージ保全機能の向上。保存されたパスワード(iOSkeychain)、ヘルスデータ(HealthKit)、スマートホームのデータ (HomeKit)なども復元可能

b.

デバイスの検出やイメージ保全の手順を分かりやすくするため、デバイスの空き容量などのステータス情報など、詳細な説明文が表示

c.

ケースやエビデンスの保存場所のデータ容量が不足している場合、警告文を表示

d. 暗号化されたiOSイメージの元のファイル構造を再構築可能。それにより、AXIOM EXAMINEでファイルとフォルダーのフレンドリーネームが表示可能

 

3. AXIOM Examineアップデート(MAGNET AXIOM)
a.

ファイルシステムエクスプローラーでPlistの構造を表示可能

b.

ポータブルケースにて動画ファイルがプレビュー可能。動画ファイルのレポート作成、エクスポートも可能になりました。

c.

ファイルシステムエクスプローラーの表示が高速になりました。詳細情報はデフォルトで折りたたまれるようになりました。

d.

カラムビューとクラシックビューで画面表示を拡大、行間の空白が少なくなりました。

e.

HTMLとPDF出力がタグとアーティファクト項目で分類

f.

レポート作成、エクスポートの際、詳細レポートがデフォルトで選ばれている状態になりました。詳細レポートはアーティファクトに関するほとんどの情報を含みます。

g.

レポート作成時、Examineで変更したカラムのレイアウトが詳細レポートに反映

h.

機密のエビデンスがあった場合、その情報をレポートから除外可能。断片的なデータは表示されますが、プレビューや実ファイルは表示されません。

 

4. バグフィックス
a.

Kik Messages (version 10.11)で日時情報が復元できない問題の改善(MAGNET AXIOM、IEF)。

b.

アーカイブのiOSバックアップが含まれるイメージを解析すると、誤って”no artifacts were found”と表示されてしまう問題の改善

c.

既存のケースに新たなエビデンスを加え解析にかけるとクラッシュしてしまう問題の改善

d.

会話ビュー時、”Facebook Messenger message”を右クリックしレポート作成またはエクスポートしようとするとクラッシュしてしまう問題の改善

e.

多くのタグ付けをしている場合、タグフィルターで”OK””CANCEL”の表示がされない問題の改善

f.

ドライブのイメージングの際のUNCパスに対応

 

その他、様々なアップデートやバグフィックスを行いました。



その他の情報につきましては、各ソフトウェアの「Release Notes」よりご確認ください。

<リリース先URL>

https://support.magnetforensics.com/CommunitiesLogin