サポート情報 | フォーカスシステムズ サイバーフォレンジックセンター

メールでのお問い合わせ
お問い合わせはこちら
東京証券取引所 プライバシーマーク ISMS JUSE

サポート情報

ホーム > サポート情報一覧 > 2018.02.01 FTK ソフトウェアアップデート

2018.02.01 FTK ソフトウェアアップデート

AccessDataよりFTKのバージョン6.4がリリースされました。

 

ソフトウェア・アップデート情報
関連する製品 FTK
リリース日時 2018/2/1
ソフトウェアバージョン 6.4

 


 

※※ ご注意ください ※※

バージョン6.4は、Evidence Processor Engineのインストール時に使用される".NET Frameworks"が、"Windows 8.1"以降の対応である関係上、Windows 7以前ではインストール出来ません。Windows 7以前のOSでFTKをご利用の場合は、FTK 6.3をご利用ください。

バージョン6.4の主な更新内容は、以下の通りです。

 

1. "Columns Template"ダイアログのオプションの変更
a. "Internet Chat"に関するデータは、複数のソースからでも、統一されたカラム内に表示されるようになりました。
例えば、"From"に関するカラムは、ソースが異なっていても1つのみです。各ソースの"From"を別個に見るのではなく、全てのチャットソースの"From"データが表示されます。
 
b. "Mobile Phone"メッセージのカラムが、一元管理化されました。新しいカラムのテンプレートは、"Messages"、"Messages SMS"、"Messages MMS"です。これらは、"Chat Messages"、"Mobile Device SMS"、"Mobile Device MMS"オプションの代替です。新しいテンプレートは、最も関連性の高いデータが示されるよう、効率的なカラム選択を提供します。

 

2. KFFインポートツールの新機能搭載
a. "KFFインポートツール"には、ユーザが指定したインポートファイル内の全てのハッシュ値がKFFデータベースに含まれていることを確認できる検証機能が新たに追加されました。サポート対象のファイルタイプは、以下の通りです。

■ CSV
■ TSV
■ .Hash
■ HDB
■ HKE
■ KFF
■ VIC
■ XML
■ NSRL

"KFF移行ユーティリティ"を使用すると、v6.3で編集されたKFFデータを、v6.4の空のKFFデータベースに移行できます。

 

3. スキーマの変更
a. Quin-Cとの互換性のためのスキーマの変更しました。

 

その他、様々なバグフィックスを行いました。



その他の情報につきましては、「Release Notes」よりご確認ください。

https://ad-pdf.s3.amazonaws.com/ftk/6.4.x/FTK_6_4_RN.pdf