サポート情報 | フォーカスシステムズ サイバーフォレンジックセンター

メールでのお問い合わせ
お問い合わせはこちら
東京証券取引所 プライバシーマーク ISMS JUSE

サポート情報

ホーム > サポート情報一覧 > 2019.1.31 BlackLight CFC Editionソフトウェアアップデート

2019.1.31 BlackLight CFC Editionソフトウェアアップデート

BlackBag TechnologiesよりBlackLight CFC Editionのバージョン2018R4がリリースされました。

 

ソフトウェア・アップデート情報
関連する製品 BlackLight CFC Edition
リリース日時 2018/12/28
ソフトウェアバージョン 2018R4

 

 



BlackLight CFC Editionバージョン2018R4の主な更新内容は、以下の通りです。

 

1. アップデート
a.

Appleの最新の画像/動画フォーマット(HEIC/HEVC)に対応

iOS 11以降、AppleはHEICと呼ばれる画像ストレージ用の新しいフォーマットを使用しています。この形式は、より合理的な高度な圧縮方法を使用して画像ファイルを保存するための方法です。このフォーマットでは、画像をより小さいファイルサイズで作成し、かつJPEG形式より高い画質を維持します。
HEIFは、新しいiPhoneで既に使用されている高効率ビデオ圧縮(HEVC)またはH.265ビデオフォーマットに基づいています。2018R4からAppleのライブ画像にあるような複数の画像を含む画像コンテナ、HEIC画像及びHEVCビデオについて表示、レポート抽出できるようになりました

b.

タグ付け機能の改善

タグ付けされたアイテムを見やすく、ソートしやすくなりました。全てのビューで、エビデンス番号の列の前にタグ列が追加されました。他のカラムのように配置替えすることはできませんが、タグ列のソートをすることが可能なため、ビュー内のどのアイテムにタグが付けられているかを確認しやすくなりました。
さらに、右クリックメニューから複数のタグを持つアイテムが見やすくなり、複数のタグコンテナから削除できるようになりました。タグアイテムを右クリックすると、そのタグアイテムを削除するためのメニューが表示されます。メニューには、アイテムが格納されている全てのコンテナが表示され、全てまたは一部のタグコンテナから削除することが可能です。

c.

iPhone XS, XR及びiPad Proデバイスのサポート

macOS版BlackLightでは、新しいハードウェアデバイスを問題なく適切に取得することができます。BlackLightがWindowsで実行されている場合は、適切なサポートを実行するために、最新のBlackBagドライバパッケージをインストールするか、または最新バージョンのiTunesをインストールすることが必要です。

d.

SamsungデバイスでのAndroid MMSのサポート

元々、Androidデバイスはグループメッセージ機能を持つネイティブメッセージアプリを持っていませんでした。Android 6以降では、各メッセージはSMSではなくMMSとして送信されますが、ユーザーはネイティブアプリケーションを介してグループメッセージを送信できるようになりました。

 e.

 macOS 10.13での「Recent Items」の解析に対応

BlackLightは、macOS 10.13以降のシステムでアクセスまたは実行される「Recent Items」を解析できるようになりました。この情報が保存される形式は、以前のバージョン (macOS 10.12以前)から変更されました。

 f.

 BlackBagドングルのライセンス管理が簡略化

ドングルとライセンスをより簡単に管理するための新しいライセンスマネージャーを搭載しました。BlackLightは[ヘルプ]メニューからアプリケーションを開きます。WebサイトのBlackBagのソフトウェアダウンロードページからも入手でき、どのアプリケーションからも独立して実行できます。このライセンスマネージャーは、全てのBlackBagライセンスを管理するために使用され、ライセンスを確認及び更新するために使用できます。
注:アプリケーションはインターネットにアクセスできるシステムから実行する必要があります。

g.

BlackLightが64bitに対応

BlackLightは64bitに対応しました。ただし、パフォーマンスの向上は見られますが、I/Oにボトルネックが生じる可能性があることに注意してください。

 

 

 

 

その他、様々なアップデートやバグフィックスを行いました。



その他の情報につきましては、ソフトウェアの「Release Notes」よりご確認ください。

<リリース先URL>

https://s3-us-west-2.amazonaws.com/bbt-software-releases/0100_BlackLight/bl2018r4.pdf