サポート情報 | フォーカスシステムズ サイバーフォレンジックセンター

メールでのお問い合わせ
お問い合わせはこちら
東京証券取引所 プライバシーマーク ISMS JUSE

サポート情報

ホーム > サポート情報一覧 > 2019.5.24 Passware Kit Forensicソフトウェアアップデート

2019.5.24 Passware Kit Forensicソフトウェアアップデート

Passware, Inc.より、Passware Kit ForensicのバージョンPassware Kit Forensic 2019 v2がリリースされました。

 

 

ソフトウェア・アップデート情報
関連する製品

Passware Kit Forensic

リリース日時

2019/04/02

ソフトウェア・バージョン

Passware Kit 2019v2


 

  Passware Kit ForensicバージョンPassware Kit 2019 v2の主な更新内容は、以下の通りです。

 

 アップデート概要
Passware Kit 2019 v2は、macOSのiCloud キーチェーン、Linux用のVeraCryptの復号化、そしてLUKSの暗号化に対してもサポートします。

 

新しいPassware Kitを使用しているユーザーは、リカバリープロセスを実行中にいつでもスナップショットを作成できます。この機能により、中断したプロセスを後日再開したり、別のコンピュータへ転送したりすることが出来るようになりました。

 

KeePass、1Password、LastPassの各データベースのパスワードリカバリーオプションと、後のレコード抽出を提供する新しいPassword Managerセクションも導入しています。

 

また、Amazon Elastic Compute Cloudのサポートを更新し、Amazon EC2用の新しいバージョンのPassware Kit Agentをリリースしました。

 

 詳細情報

a.

iCloudのキーチェーン履歴の抽出

Passware Kitは、macOSからiCloudキーチェーンフォルダを分析し、パスワードとバイナリデータを含むすべての履歴を抽出します。 これらすべてのレコードは、ファイルにエクスポートされます。

 

b.

リカバリープロセスのスナップショットの作成について

Passware Kitはリカバリープロセスについてスナップショットを作成できるため、中断したプロセスの再開や、別のコンピュータにプロセスを転送することが出来ます。

 

c.

LastPassデータベースのパスワードリカバリー

Passware Kitは、LastPassパスワードマネージャーのサポートを追加しました。1つのGPUで、1秒間に26,800パターンの速度でパスワードを試すことでリカバリーを実行します。リカバリー成功後は全てのデータベースのレコードを抽出し、見つかったパスワードを表示して結果をファイルに保存します。

 

d.

1Passwordデ-タベースからのパスワード抽出

すでに発表している1Passwordのマスターパスワードリカバリーに加え、データベースに含まれているパスワードと他のレコードを抽出し、ファイルにエクスポートするようになりました。Windows版とMac版の両方をサポートしています。

 

e.

Linux用のVeraCryptによる暗号化の即時復号化

Passware Kit 2019 v2は、Linux版およびWindows版の両方のVeraCryptによる暗号化の復号が可能になりました。復号化は、ライブメモリの分析により数分で実行されます。

 

f.

LUKSのパスワードリカバリー:サポートしている暗号化タイプの追加

Passware KitはSHA512ハッシュによるLUKSのAES-XTS-Plain / Plain64暗号化についてのサポートを追加します。

 

g.

Amazon EC2(Amazon Elastic Compute Cloud)のサポート向上

Amazon EC2用のPassware Kit Agentの新バージョンが利用可能になり、パスワードリカバリーの分散処理に対する非常に大規模なクラウドコンピューティングの高速化を実現します。

 

その他、様々なバグフィックスやアップデートを行いました。


その他の情報につきましては、下記URLの「Passware Kit Forensic 2019v2」をご覧ください。

https://blog.passware.com/passware-kit-2019-v2/