サポート情報 | フォーカスシステムズ サイバーフォレンジックセンター

メールでのお問い合わせ
お問い合わせはこちら
東京証券取引所 プライバシーマーク ISMS JUSE

サポート情報

ホーム > サポート情報一覧 > 2019.9.3 BlackLight CFC Editionソフトウェアアップデート

2019.9.3 BlackLight CFC Editionソフトウェアアップデート

BlackBag TechnologiesよりBlackLight CFC Editionのバージョン2019R2がリリースされました。

 

ソフトウェア・アップデート情報
関連する製品 BlackLight CFC Edition
リリース日時 2019/8/22
ソフトウェアバージョン 2019R2

 

 



BlackLight CFC Editionバージョン2019R2の主な更新内容は、以下の通りです。

 

1. アップデート
a.

アーカイブファイルの解析機能の実装

BlackLightでボリュームやデバイスに含まれるアーカイブファイル、またはアーカイブファイル単体を解析することができるようになりました。エビデンス追加時のオプション項目に「Process Archives」が追加されたので、これにチェックをつけて使用します。 現段階で展開可能な形式:zip, gz, 7z, tar, rar

b.

プラグイン機能の追加

BlackLightに有識者が開発しているスクリプトを追加する機能が搭載。現時点では、mac4n6.comのSarah Edwardsが開発している「APOLLO」が追加されました。

c.

エクスポート機能のアップデート

元々BlackLightのPreferences画面に表示されていた「元の構造を維持した状態でエクスポート」の機能が右クリックメニューの選択肢に移動。ファイルのエクスポートとしてL01形式の選択が可能になり、Preferences画面でセグメントサイズの変更が出来ます。また、新たに別のツールに適した形でのエクスポートが追加:BlueBear LACE, C4All, S21等

d.

Image Analyzerのアップデート

画像分類の対応カテゴリを更新。Document, CSAM, Alchol, Drugs, Extreism, Gambling, Gore, Porn, Swim/Underwear, Weapons, Currency, ID

 e.

 Smart Indecxing の追加機能

スマートインデックスに含まれる情報を拡張。正規化されたデータも含まれるようになったため、他のプロセスの後にインデクシングの作業が開始されます。
新たにインターネット、電子メール、アーカイブなどのコンテナファイルの中身に対してもインデックスを作成するようになりました。

 

 

 

 

その他、様々なアップデートやバグフィックスを行いました。



その他の情報につきましては、ソフトウェアの「Release Notes」よりご確認ください。

<リリース先URL>

https://s3-us-west-2.amazonaws.com/bbt-software-releases/0100_BlackLight/bl2019r2.pdf