サポート情報 | フォーカスシステムズ サイバーフォレンジックセンター

メールでのお問い合わせ
お問い合わせはこちら
東京証券取引所 プライバシーマーク ISMS JUSE

サポート情報

ホーム > サポート情報一覧 > 2019.11.5 EnCase Forensic ソフトウェアアップデート

2019.11.5 EnCase Forensic ソフトウェアアップデート

OpenText社より、EnCase Forensicのバージョン8.09がリリースされました。

 

ソフトウェア・アップデート情報
関連する製品 EnCase Forensic
リリース日時 2019/5/28
ソフトウェアバージョン 8.09

 

バージョン8.09の主な更新内容は、以下の通りです。

 

1. Firefoxのインターネット検索がサポートされました。

 FireFoxブラウザを用いた以下の検索エンジンにおいて、ユーザーが使用した検索キーワードが解析されるようになりました。

 

  • ・Google
  • ・Yahoo
  • ・Bing
  • ・Twitter
  • ・Amazon
  • ・eBay
  • ・DuckDuckGo
  • ・Walmart 

 

 

FireFoxのブラウザデータに対してFind Internet Artifactを実施すると、EnCaseのArtifactのタブに表示されるツリー構造に新たに「Keyword Search」というフォルダが追加され、ユーザーが検索に用いたキーワードを解析することが可能となります。

 

2. Mobile Acquisitionが強化されました。

EnCase Forensicを用いたモバイル端末の保全及び解析の機能が強化されました。

 

  • ・User Activity Timeline機能の追加

Android端末において、特定の瞬間にデバイス内でどんなアクションが実行されていたのかを確認できるUser Activity Timeline機能が追加されました。

 

こちらはEnCaseを用いたAndroid端末の保全時に解析され、ツリーペインのディレクトリ構造内に「User Activity Timeline」としてフォルダが作成されます。

 

  • ・iOS12に対応

iOS12の論理取得をサポートいたしました。また、それに伴いiOSデバイスのデータの取得速度が上昇いたしました。

 

 

3. 対応可能な暗号化システム(もしくはバージョン)が新たに追加されました。

Windows7,8.1,10イメージ向けの以下の暗号化システムをサポートするようになりました。

 

  • ・Check Point Full Disk Encryption バージョン80.64~80.88

 

 

 

 その他、様々なアップデートやバグフィックスを行いました。


 

詳細な情報につきましては、ユーザーポータルからログインの上「Release Notes」よりご確認ください。

<Customer Community>