トレーニング | フォーカスシステムズ サイバーフォレンジックセンター

メールでのお問い合わせ
お問い合わせはこちら
東京証券取引所 プライバシーマーク ISMS JUSE
ホーム > トレーニング > SANS Cyber Defence Japan 2019

SANS Cyber Defence Japan 2019

トレーニング

img_fea_catch

 

詳細は、SANS JAPANのWEBサイトをご覧ください。

http://www.sans-japan.jp/training/event.html

コース概要

SEC401
Security Essentials Bootcamp Style
情報セキュリティの全分野を履修するコース。組織のシステム管理や情報セキュリティに必要な理論、本質的な要素技術について学びながら、すぐに実践できるパフォーマンスの高いスキルを身につけられるよう、座学と演習で構成。
日程 開催場所
2019年7月8日(月)~13日(金) 富士ソフトアキバプラザ 6F セミナールーム

 

SEC504
Hacker Tools, Techniques, Exploits and Incident Handling
攻撃者のねらいとその手口を詳細に理解し、それを踏まえた脆弱性の発見と侵入検知の実技経験を養い、総合的なインシデントハンドリングが行えるようになることを目的。受講を通じて得られる知識とスキルによって攻撃者より優位な立場に立つ。
日程 開催場所
2019年7月8日(月)~13日(金) 秋葉原UDX カンファレンス 6F

 

SEC542
Web App Penetration Testing and Ethical Hacking
多くの組織を悩ませているWebアプリケーションのセキュリティ状況を正しく評価し、発見された脆弱性や欠陥の影響を実証するスキルを学習。各自が所属組織に戻った後も継続してこれらのスキルが活用できるよう、フィールドテストプロセスや反復プロセスなども徹底的に学習
日程 開催場所
2019年7月1日(月)~6日(金) 秋葉原UDX カンファレンス 6F

 

SEC550
SIEM with Tactical Analytics
SIEMを活用して日々大量に出力される複数のシステムログを有効に相関的に分析、評価を行う。攻撃成功の未然防止と有事の際に可及的速やかな事象の収束施策を習得することが可能になり、攻撃者と戦うための準備を整える。ハンズオンではSOF-ELK SIEMを用い、実際の攻撃手法を含んだログの分析を行う。
日程 開催場所
2019年7月8日(月)~13日(金) 秋葉原UDX カンファレンス 6F

 

SEC560
Network Penetration Testing and Ethical Hacking
ネットワークペネトレーションテストを成功させるための要素を取り上げ、企業におけるセキュリティに対するスタンスを改善に役立つ内容。ペンテスト技術の限界や、ペンテストに加えて使用できるアーキテクチャ、ポリシー、プロセスにおける脆弱性の検知などを通じ、包括的な企業情報セキュリティプログラムの一環として、ペンテストがどのように統合されるべきか学習。
日程 開催場所
2019年7月1日(月)~6日(金) 秋葉原UDX カンファレンス 6F

 

SEC599
Defeating Advanced Adversaries - Purple Team Tactics & Kill Chain Defenses
攻撃「レッドチーム」と防御「ブルーチーム」を効果的に融合させ、高度かつ持続的な攻撃に対応するための「パープルチーム」編成に必要な知識とスキルを習得します。また様々な分析ツールでKill Chain構造を理解し、攻撃社の一歩先を行く責の防御システム構築に役立ちます。
日程 開催場所
2019年7月1日(月)~6日(金) 秋葉原UDX カンファレンス 6F

 

FOR508
Advanced Digital Forensics, Incident Response, and Threat Hunting
デジタルフォレンジックアナリストやインシデントレスポンスチームが、APTを含む洗練された攻撃を行う集団に対抗して、脅威の識別、封じ込め、修正を行う手順を学習します。さらに、実際に起きている標的型攻撃を元に開発された、実践的な訓練にチャレンジし課題解決を通して理解を深めていく。
日程 開催場所
2019年7月1日(月)~6日(金) 秋葉原UDX カンファレンス 6F

 

FOR572
Advanced Network Forensics and Analysis
ネットワーク環境から攻撃者の足跡を追跡し、エビデンスを解析する方法を学ぶ。ハンズオンの実習では、tcpdump、Wireshark、Snort、tcpxtractといったツールを使用。netflowデータ、サーバログ、pcapファイルを解析しエンドポイントであるHDDのデータを用いることなく、どのような攻撃があったかを理解しインシデントを再現することが可能になる。
日程 開催場所
2019年7月8日(月)~13日(金) 秋葉原UDX カンファレンス 6F

お申込み方法

こちらのお申込用紙を当社宛にメール、もしくはFAXしてください。

製品及びサービスに関するご質問、お問合せはこちら