トレーニング | フォーカスシステムズ サイバーフォレンジックセンター

メールでのお問い合わせ
お問い合わせはこちら
東京証券取引所 プライバシーマーク ISMS JUSE
ホーム > トレーニング > SANS Cyber Defence Japan 2018

SANS Cyber Defence Japan 2018

トレーニング

img_fea_catch

 

詳細は、SANS JAPANのWEBサイトをご覧ください。

http://www.sans-japan.jp/training/event.html

コース概要

SEC401
Security Essentials Bootcamp Style
本コースは、情報セキュリティの全分野を履修するコースです。組織のシステム管理や情報セキュリティに必要な理論、本質的な要素技術について学びながら、すぐに実践できるパフォーマンスの高いスキルを身につけられるよう、座学と演習で構成されています。SANSトレーニング受講者動員実績No.1コース!!
日程 開催場所
2018年6月25日(月)~30日(金) 富士ソフトアキバプラザ 6F セミナールーム

 

SEC501
Advanced Security Essentials - Enterprise Defender
本コースは、SEC401を修了した方、またはセキュリティの基礎知識を既にお持ちの方々に、セキュリティレベルをワンランクアップしていただくよう設計されたコースです。
本コースでは、ネットワークへの攻撃を防いだり、重要なデータを保護したりするための手法を学びます。十分な備えをしていても、攻撃が成功することもあります。このため、タイムリーに攻撃を検出する能力も身に付けます。検出した上で、迅速かつ効果的に対応するための方法も学びます。
日程 開催場所
2018年6月25日(月)~30日(土) 秋葉原UDX カンファレンス 6F

 

SEC504
Hacker Tools, Techniques, Exploits and Incident Handling
このコースは、このような悪意者のねらいとその手口を詳細に理解し、それを踏まえた脆弱性の発見と侵入検知の実技経験を養い、総合的なインシデントハンドリングが行えるようになることを目的としています。受講を通じて得られる知識とスキルによってアタッカーより優位な立場に立てるでしょう。
日程 開催場所
2018年6月25日(月)~30日(土) 秋葉原UDX カンファレンス 6F

 

SEC560
Network Penetration Testing and Ethical Hacking
本コースは、ネットワークペネトレーションテストを成功させるための要素を取り上げ、企業におけるセキュリティに対するスタンスを改善するのに役立つ内容となっています。ペネトレーションテスト技術の限界や、ペネトレーションテストに加えて使用できるアーキテクチャ、ポリシー、プロセスにおける脆弱性の検知などについて学び、包括的な企業情報セキュリティプログラムの一環として、ペネトレーションテストがどのように統合されるべきかについても取り扱います。
日程 開催場所
2018年6月25日(月)~30日(土) 秋葉原UDX カンファレンス 6F

 

SEC660
Advanced Penetration Testing, Exploit Writing, and Ethical Hacking
本コースは、SEC560を受講してハッキングに関する論理的思考方法を身に付けた人物、またはペネトレーションテストの経験を持つ人物を対象に設計されています。授業の中で、熟練のペネトレーションテスターが実世界で行う数十の攻撃を学習していきます。解説する攻撃手法は実世界のラボ環境でよく検討されたものですので、職場で即適用可能です。
日程 開催場所
2018年6月18日(月)~23日(土) 秋葉原UDX カンファレンス 6F

 

FOR572
Advanced Network Forensics and Analysis:
Threat Hunting, Analysis, and Incident Response

本コースでは、ネットワーク環境から攻撃者の足跡を追跡し、エビデンスを解析する方法を学びます。ハンズオンの実習では、tcpdump、Wireshark、Snort、tcpxtractといったツールを使います。また、netflowデータ、サーバログ、pcapファイルを解析しエンドポイントであるハードディスクのデータを用いることなく、どのような攻撃があったかを理解しインシデントを再現することが可能になります。
日程 開催場所
2018年6月18日(月)~23日(土) 秋葉原UDX カンファレンス 6F

 

FOR578
Cyber Threat Intelligence
本コースは、FOR508/FOR610の上位に位置付けされるハイレベルなコースです。
攻撃の収集、攻撃者の分類を通じて、サイバースレットインテリジェンスを構築する方法を学んでいきます。
日程 開催場所
2018年6月18日(月)~22日(金) 秋葉原UDX カンファレンス 6F

お申込み方法

こちらのお申込用紙を当社宛にメール、もしくはFAXしてください。

製品及びサービスに関するご質問、お問合せはこちら
関連製品
SANS Tokyo Autumn 2018
 詳細は、SANS JAPANのWEBサイトをご覧くだ ...
詳細
SANS Osaka 2018
 詳細は、SANS JAPANのWEBサイトをご覧くだ ...
詳細